Service

事業内容

戸建て・マンション・投資用物件の売却

s-新築販売16
当社では「戸建て物件から区分所有の住居、マンション区分~1棟までの投資用物件の売却をしたい」という方からのご依頼にもお応えしております。
お気軽にご相談ください

ご依頼頂くメリット

  • 近隣地域とのネットワーク
  • 地域密着型での営業活動
  • 専門スタッフが対応

不動産売却の流れ

  • 売却相談
    1

    売主様のご事情やスケジュールによってその売却方法は変わってきます。所有不動産の相場や住宅ローンが残っているか否か、売却にかかる費用はいくらぐらいかなど、売主様によって状況は様々です。不動産の売却を検討するにあたって、まずは不動産会社に相談しましょう。ぜひ専門家によるアドバイスを参考にしてください。
  • 査定・物件の確認・調査
    2

    不動産の売却は、ご所有の不動産がいくらで売れるか資産価値を把握することから始まります。既に売却が決まっている方はもちろん、売却を検討中の方も、まずは査定をしてみましょう。査定時にはご所有の不動産の状態や権利関係の確認などさまざまな角度から調査を行い、周辺の成約事例・売出事例、市場の動向やエリア特性などを考慮して査定価格を算出します。
  • 媒介契約
    3

    査定価格などの説明を受け、、周辺の取引事例や公示価格・路線価などの公的データ、売主様のご要望を加味したうえで売出価格を決め、さらに売却活動の内容についても確認します。十分に納得したうえで、媒介契約を締結します。
  • 売却活動の準備
    4

    媒介契約が済むと、いよいよ売却活動の開始です。不動産を売却するということは、いつもの住まいが購入検討者に買っていただく「商品」になるということです。商品の魅力を引き出し、効率的な売却を行うための準備が必要です。また、売却活動が始まると、週末を中心に購入検討者が内見に来るようになります。その時にバタバタしなくていいように、事前に準備をしておきましょう。
  • 売却活動
    5

    ネットへの掲載や紙媒体での情報発信、オープンハウスなどさまざまな売却活動を通して購入希望者を探します。お問い合わせをいただいた方に、実際の物件を見学してもらいます。
  • 購入申込み~売買契約の締結
    6

    購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格や引渡し等の条件について調整を行います。売主様、買主様間で合意に至ったら、売買契約を交わします。契約にあたって必要な書類等がありますので、流れを理解して予め準備をしておきましょう。
  • 売買契約後の手続き
    7

    既存ローンの完済手続きや抵当権を抹消するお手続き、残代金の受領日までに公共料金の清算や引越しなどを済ませ、買主様に引渡せる状態にする必要があります。
  • 残代金決済・引渡し
    8

    契約時に定めた内容で物件の引渡しを行います。物件の状況を改めて確認しましょう。残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売却手続きが完了します。

相続のご相談

s-不動産販売19
当社では「相続で物件を売却したい」そういったお客様のご依頼も承っております。
65歳以上の人口が、2018年時点で総人口の28.1%の割合を占める超高齢化社会の日本において、高齢者の単身世帯の66.2%が自宅という不動産を所有しており、今後も相続による不動産の取得が増えていくことが予測されています。
土地や建物などの不動産の相続は、現金のように均等に分割することが難しく、遺産分割の際にトラブルの原因になりやすい財産です。
活用や売却ができる不動産であればまだしも、老朽化した郊外の不動産などは売り出してもなかなか買い手が付かず、相続人同士で押し付け合う結果になってしまうこともあります。そんなお客様のサポートを行っております
相続トラブルについて
  • 土地や建物を守りたい相続人と売りたい相続人がいる
    土地や建物を守りたい相続人と売りたい相続人がいる
  • 土地と建物で所有者が異なる
    土地と建物で所有者が異なる
  • 住宅ローンなどの不動産担保ローンが残っている
    住宅ローンなどの不動産担保ローンが残っている
  • 均等に分割する事ができず、遺産分割協議がまとまらない
    均等に分割する事ができず、遺産分割協議がまとまらない
  • 遺言書に不動産は相続人の1人にすべて相続させると書かれている
    遺言書に不動産は相続人の1人にすべて相続させると書かれている
  • 郊外で売却がうまくいかず相続人同士で押し付け合っている
    郊外で売却がうまくいかず相続人同士で押し付け合っている
  • 不動産の評価方法で意見が分かれる
    不動産の評価方法で意見が分かれる
  • 何代も前から相続登記されておらず面識のない相続人がいる
    何代も前から相続登記されておらず面識のない相続人がいる
  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい


そういったお困りの方をしっかりサポート致します

不動産売却

  • 遺産分割
    1

    相続によって不動産を取得するのは、自分1人だけとはかぎりません。
    兄弟などほかに法定相続人がいれば、遺産分割協議を行い、所有者を特定してから登記することが必要となります。
  • 相続登記(不動産の名義を移す)
    2

    相続によって取得した不動産を売却するには、必ず相続登記によって、不動産の名義を自分の名義に変更する必要があります。 登記手続きはご自身で行うこともできますが、相続の種類によって複雑手続きでかなりな手間がかかる場合もあるので弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがよいでしょう。

    また、相続登記に期限はありませんが、相続登記を行わないと売却ができないので、売却を考えている場合は早めに手続きを行うといいでしょう。
  • 不動産業者に売却を依頼する
    3

    相続登記手続きができた完了後は、普通の不動産を売却した場合の流れと同じになります。
    所有者となった相続人が売主となり、不動産業者と媒介契約を交わし、売却に向けて進めていきます。
    (不動産売却の流れ)
  • 売却代金を相続人の間で分配する
    4

    遺産分割協議の内容にそって売却代金を分割します。
    以上のように、相続不動産の売却には、遺産分割協議や相続登記などと段取りが多くなります。相続人が集まれる機会も限られるため、なるべく早いうちに各種手続きを行うと良いでしょう。

地域に根ざした営業を行い、お客様のご要望に沿って的確な売却活動のご提案を行っております。不動産売却をスムーズに進めていくためには、様々な条件についての正確な見極めを行うことが大切です。売却を進めやすい時期や、地域相場や物件条件による総合的な判断による売却価格の設定など、様々な視点から検討していく必要があります。それによって売却活動がスムーズに進むかどうかが大きく関わってきます。離婚などで売却と同時に住み替えを検討されている場合には、売却時期と住み替えのタイミングの見極めも非常に大切になります。

筑西市をはじめとした周辺地域の情報に詳しく、相場も知り尽くしているからこそ、お客様のご希望にできる限り沿った形で不動産売却を実現いたします。売却や住み替えなどにお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。不動産の専門家としての視点で、様々な疑問に筑西市でお答えいたします。